こんなときこそスパイスを~クローブ、コリアンダーいろいろ~

まさかの小中学校の一斉臨時休業・・・

目に見えない敵だからこそ、用心していても、不安が尽きませんよね。

でも、そんなときこそ、食欲を落とさず、ウイルスに負けないようにしっかり食べよう!

と言うわけで、時間があればキッチンへ。そしてスパイスを料理に使います!

スパイスは、そもそも抗菌作用の強いものが多く

古来から腐敗を予防したり、あらゆる病の予防に使われていました。

消化吸収を助け、健胃作用や腹痛の治療などにも効果があり、漢方薬の一部でもあります。

特に「クローブ」は殺菌効果が高く、風邪やインフルなどウイルス性疾患の予防に注目されています。

百里香(離れてても香りを感じるたとえ)と言われるくらい、香気が強く

パウダー状のものは、ハンバーグやミートソースなどひき肉料理の臭み消しに使われます。

が、使い方によってはスイーツなど甘い料理にも合い

柑橘系と相性が良く、オレンジやレモンと一緒だと実に爽やかな風味を醸し出します。

同じ精油成分を持つ、シナモンや八角も

殺菌作用が強く

血流を良くしてカラダを温める効果があります。

体温が低下すると、免疫力が低下してしまうので

同じくカラダを温める効果のある乾燥生姜、シナモン、八角、そしてクローブを組み合わせたのが

「ジンジャーエールシロップスパイス」

久しぶりにシロップを作ってみようと思います。

これを腸内環境を整えるヨーグルトにかけて食べたり

ミルクと紅茶で煮出して、チャイにしたり

レモンとお湯で割って、レモネードにすると美味しいです。

クローブやシナモンの抗菌効果も期待できそうですし、何より手作りだと安心で美味しい💛

子ども達が明日から長期の休みになるので、朝食に取り入れます。

また、スパイスの集合体と言えばカレー

クミン、ターメリック、コリアンダーが主要スパイスですが

コリアンダーは抗菌性があり、デトックス効果が高いので知られています。

私がブレンドする「辛くないカレー粉」は、プラスして、クローブもシナモンも入っていて

辛くないのに、食べた後に体がホカホカと温まってきます!

これこそスパイスパワー!!

カレールウで作るより、油分も小麦粉も減らせますし、たくさんスパイスを使うことで、良い成分をカラダに入れることができます。

新型コロナウイルス感染が落ち着きを見せるまでは、自宅にいることが多くなるのでは。

そんなときは、じっくりとスパイスからカレーを作ってみてはいかがでしょうか。

香りで食欲を増進し、食べれば笑顔。体も温まり、免疫力も上がる、ハズ!!

「ジンジャーエールシロップスパイス」も

「あしか~さんの辛くないカレー粉」も

直接お渡しできる、近隣の方限定となりますが、お作りいたします。

受注生産なので、少しお時間いただきますが、どうぞお声がけくださいませ。

「ジンジャーエールシロップスパイス」 300円

「あしか~さんの辛くないカレー粉」webで見れるレシピ付き 400円

 

 

 

 

関連記事

  1. 【コロナ太り解消 ダイエットレッスン】コラム掲載しました。

  2. 子どもの食事と栄養

  3. つらーい胃腸炎!回復期には何を食べさせたらいいの?

  4. カラダもココロも疲れてる!?そんなときは豚ヒレだ!

  5. フライパンで炊く!チキンとアサリのカレーピラフ(動画あり)

  6. ホットプレートで!『あしか~さんのブレンドスパイスソルト』で作るスパゲティー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。