『ないものねだり』ひっくり返せば『自分にはある』ということ

よろず栄養相談セッション事例 (40代女性Dさん)

Dさんは、20代のころから持病があり
体調不良
記憶力の低下
体重が増えない
体力がない
など、日常生活での悩みを抱えていました。

仕事が好きで、本当はもっとやりがいのある仕事をしたい。
でも体力がないので、休める仕事じゃないとできない・・・
自分に自信がない
そうおっしゃてました。

『仕事』で他人から評価されれば、自己肯定感があがり、自信がつく。

正直、私だってそう思うこと、あります。

でも『仕事』という言葉を、別の言葉に置き換えても成立するのでは。

たとえば
『好きなこと』
『大切にしている行い』
『自分が乗り越えた経験』

『大切にしている行い』で他人から評価されれば、自己肯定感があがり、自信がつく。
ほらね!

Dさんは「周りの人に助けてもらった」と話します。

体調不良から仕事を辞めたとき、次の仕事を紹介してくれた
辛い気持ちを友人が拾ってくれた
体調不良のときに、そっと仲間が寄り添ってくれた
そして、病気であきらめたことを、ご主人が一緒に実現してくれた。

『私だけじゃできないから・・・』

私だけで実現する必要、あります?
ご主人は自分だけでは考えなかったことを、Dさんが奥さんだからこそ、選ぶことができた。
それはご主人の人生においても幸せなのではないでしょうか。

周りの人が支えてくれるのは
Dさんがみんなにとって『大切な人』だから、ですよね。

後日
『仕事、仕事ってカウンセリングでは言ってたけど
ないものねだりで、できないから、やりたい、のかな?』
とコメントがありました。

なんだか、ほっとしました。
『ないものねだり』に気が付くとき
同時に『自分にはある』ことも、気が付いていると思うからです。

体調のお悩みについては
食べ方や
消化を良くする方法について
お伝えしました。
(ちゃんと体のケアもお伝えしています!念のため)

『余人をもって替えがたい』

仕事は、他の人だってできる。
でも、Dさんにしかできない『何か』がある。

探してるときはシンドイ💦
でも、つらい経験がある方こそ、『何か』は偉大で、深い気がします。

よろず栄養相談

===========================================

公式LINE【おうちごはん×栄養学】

直接のお問合せ、ご質問に便利。
お友達登録してくださった方に、食事ごとに美味しくミネラル補給ができる『おうちで作れる自家製ふりかけ』レシピをプレゼント。

友だち追加

関連記事

  1. 40~50代の女性に多い!その食べ方だと疲れます!

  2. つらーい胃腸炎!回復期には何を食べさせたらいいの?

  3. グルテン・カゼイン・アルコール・カフェイン 2週間フリーチャレンジ!!

  4. ミトコンドリアと私。

  5. エネルギーみなぎるマインドと栄養学②

  6. 亜鉛リッチ。煮干粉最強!毎日のお味噌汁のお出しに使ってみてね。