「あおいはる」流、地参地生Cooking!!

NPO法人「あおいはる」さんが営む、吉川市にある障害児支援施設(放課後等デイサービス)の皆さんと一緒に楽しくお料理をしてきました!

NPO法人「あおいはる」さんは、「地域に参加し、地域で生きていく」という“地参地生”を旗印に、あたりまえの存在として地域で生きていくためのチャレンジの日々を追っています。

そんな日々を描いた素敵な本はこちら

そんなチャレンジのひとつとして「専門の先生から本物を学ぶ‼」取り組みを始めたそうで、お料理教室のご依頼を受けました。

お料理は「楽しむ」のが一番!技術と栄養はその次~と思ってるので、ホンモノかどうかはアヤシイですが

みんなに「お料理って楽しいな~」と思ってもらいたく

粘土感覚で遊べる、ちょっとめずらしいスナック風の「ミートロール」を考えました。

生地からこねて、伸ばして、手作りします!

具材は「あしか~さんの辛くないカレー粉」で炒めたスパイシーなそぼろ、とろけるチーズに生野菜。

「地参地生」の一番の活動は野菜作り。今回も畑で子供たちと作ったカブとニンジンを持ってきてもらい、スープも作ります。

セクシーサンキュー💛

今回は2人の男の子と2人の女の子の合計4人。

普段の活動のなかで、料理もしていることもあり、怖がらず包丁も使えます。

小麦粉のこね方も伸ばし方も上手でビックリ!「将来はパン屋さんにもうどん屋さんにもなれるね!」なんて言いながらお料理は進みました。

料理の途中、手をつないだり、背中や腕をさわってくれる子がいて「あ~。うちの子たちも昔は料理中にこうやって甘えてきたなあ」なんて、じんわり懐かしい気持ちに・・・

「先生に習うんだよ」と子供たちにキチンと説明してきてくれたのでしょう。子ども達、すごく一生懸命に、頑張ってくれるのが、伝わってきました。

完成!!カレー粉の良い香り~

カブとニンジンのスープ、野菜の旨みがすごい!シンプルな味付けがカラダにしみる。

自分たちで作る、美味しい野菜の味を知っているのでしょうね。みんな野菜が大好きだそうです。

好き嫌いもあるから、とにかく作るのが目標!と、食べれなかった場合のおにぎりを持参してもらいましたが、そんな保険は必要なかったよう。みなさん、綺麗に平らげてくれました!

毎月1回、開催することになりました。次回は高学年や高校生以上のお兄さんたちだそうで

ボリュームあって楽しい料理を考えなきゃ!何にしようかな💛

 

関連記事

  1. モヤモヤがスッキリするオンラインセミナー

  2. 放課後デイサービスでTekuTekuクッキング

  3. 10年後輝くワタシ 40代から始める自分改革

  4. 男の料理教室 だし香る「おうちごはん」開催します。

  5. 「男の料理教室」開催しました。

  6. 離乳食講座を開催しました。