小学校で「出前講座」何のために食べるのか?

先日、市内の小学校にお招きいただき、「出前講座」を致しました。

英語の授業で、食べ物がテーマの項目があるので
「せっかくなら食育講座を栄養士さんにしてもらおう」とお声がけいただきました。

対象は5年生と6年生。
「自分が、子供たちに、伝えたいことはなんだろう」と考え
作った資料は、削りに削ってシンプルに。

3大栄養素、ビタミン、ミネラルといった
栄養用語も全部削除。

「食は大事」と感じてもらうために
パワポ上に、安村さんやザコシさんに登場していただき

笑っていただけたところで
一番伝えたかったことを。

「みんなの目標はなんですか?

勉強頑張りたい
サッカーうまくなりたい

モテたい
人気者になりたい!

好きなゲームをたくさんやりたい
ピアノをずっと弾いていたい

栄養がみちてると
やりたいこと
すきなことが
もっとできるようになるよ

こんな講座ができるようになったのは
まごめじゅん先生から
PNTトレーナー認定講座で、栄養と心理について学んだからだと思います。

(PNT:Psychological Nutrition Therapy 心理技術+栄養療法)

「なんのために、食べるのか?」

答えは人それぞれかも知れません。

でも、この問いが、少しでも子供たちの心に残ったら
食への関心や見方が変わってくるのでは、と思ったりしております。

===========================================

公式LINE【おうちごはん×栄養学】

直接のお問合せ、ご質問に便利。
お友達登録してくださった方に、食事ごとに美味しくミネラル補給ができる『おうちで作れる自家製ふりかけ』レシピをプレゼント。

友だち追加

関連記事

  1. 妊娠中に気をつけたい食生活って?

  2. 『ないものねだり』ひっくり返せば『自分にはある』ということ

  3. 40~50代の女性に多い!その食べ方だと疲れます!

  4. 亜鉛リッチ。煮干粉最強!毎日のお味噌汁のお出しに使ってみてね。

  5. トレーニングや塾に行く前に【勉強やスポーツのパフォーマンスを高めるレシピ】

  6. グルテン・カゼイン・アルコール・カフェイン 2週間フリーチャレンジ!!