楽しく、美味しく!子ども料理教室★メキシコ編

NPO法人「あおいはる」さんの障害児支援施設(放課後等デイサービス)で月1回、お料理教室をしています。
緊急事態宣言中はお休みでしたが、その間、子ども達が大きくなっててビックリ!!

今回はオリンピックに向け、世界の料理を作ってみよう♪とメキシコ料理に挑戦!
・タコス
・アルボンディガス(肉団子のトマトスープ)
を作りました。

世界には、どんな国があって、どんな暮らしをしてて、どんなお料理を食べてるの?
図書館で本をかりて、調べてくれたそう。

スタッフさんに、こんな大きな地球儀を作ってもらって、国旗と照らし合わせて、いろんな国を学んでいました。

お料理中は、いそがしくて(笑)写真は撮れませんが
食べてるときにいい笑顔を激写!

好き嫌いもあるので、『食べれるかな~』と不安もあったようですが
みんなしっかりと食べてくれました!スパイス効いてて美味しいもんね。

NPO法人「あおいはる」さんのお料理教室、気が付けば2年になる??

『子供達に、ちゃんと先生から学ぶ、という経験をさせたい』というご依頼でした。

料理や絵画や、その他のことに興味があっても、教室に習いにいくのが難しい
でも得意や興味の入り口はたくさん広げておきたい・・・

代表の鶴さんは、そのように想いを伝えてくれました。

『ちゃんと先生から学ぶ』
これについて、実はすごーく悩みました。

『ちゃんと』って何だろう
先生から学ぶって何だろう

技術なのか
お行儀なのか
話をきちんと聞いてもらう、ということなのか・・・

毎回、これで良かったかな?と帰り際に考え、考え・・・

でも、いつからか、『ちゃんと先生から学ぶ』の依頼は、私の頭からなくなりました。

食は命の源。
毎日、食べないと、人間は生きていけないですよね。
そのために支度し、食べて、片づけて・・途方もない時間と回数を繰り返す。

実はすごーく大変でめんどくさい作業なのです。

料理を仕事にしてるワタシだって、
ご飯が自動的に出てきて、ぜーんぶ片づけてくれたら、どれだけ人生楽だろう、と思うこともあります。

でも、食べてるもので身体はできているから
身体を考えない食べ方をしてると、かならず身体にかえってくる。

必要な栄養は摂り入れ、不要なものは極力減らし、身体を整えていく。

そのためには、自炊、つまりおうちごはんが必須なのです。

大変でめんどくさいことを「楽しい」「美味しい」に変えられるお手伝いをすること。
それが、ワタシの仕事。

だから、技術も作法も関係ない。
『楽しくて、美味しければ正解!!』と、子ども達とお料理してて、感じたんですよね。

というわけで、今回も楽しくお料理してきました♪
桜も満開でとても気持ちの良い1日でした!

今はコロナ禍で、一般公募のお料理教室は、対面では難しい状況にありますが、サークルやお友達同士のお教室なら、ご依頼を受けております。
ピンときた方はぜひお問合せくださいませ。

また、オンラインでもお料理教室をやっています。
楽しく作る事、そして身体のことを考えた食事を発信していますので、ご興味ある方はぜひ!

===========================================

公式LINE【おうちごはん×栄養学】

栄養のことや、ごはんづくりのヒントになるようなアイデアを、たまに(笑)配信します。

お友達登録してくださった方に『おうちで作れる自家製ふりかけ』レシピをプレゼント♪

朝ごはんを助けてくれますよ!

友だち追加

ポチしてねん

関連記事

  1. 放課後デイサービスでTekuTekuクッキング

  2. ローストビーフでクリスマス♪

  3. おうちクッキング ホットプレートでオムレットはいかがですか?

  4. オンライン料理教室 4月は『めんつゆ活用術!!』

  5. 2020年の種まきは・・・

  6. 子どもの食事と栄養