妊娠中に気をつけたい食生活って?

こんにちわ♪

9月のことですが、プレママさんむけの講座でお話しさせていただきました。

胎児はスゴいスピードで細胞分裂を繰り返し成長します。

その材料となるのはママさんの食事から摂る栄養。

臓器を作り始める妊娠初期や、もしくは妊娠を希望する方は、摂りたい栄養素や、頻度に気を付けたほうが良い食材もあります。

そういうことを伝える機会があれば・・と思っていたところ、プレママ企画をいただきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

15年前の私の妊娠期。

当時は「10キロ超えたら難産コース」といわれ、太りすぎないよう指導がありました。

長男のときは10キロ、次男は9キロと、体重の増加は優秀でしたが

妊娠初期に大事な葉酸やタンパク質、妊娠後期に必要量が増える鉄を、しっかりとれる食事だったか?と振り返ると・・・

気にしてませんでした。。。。

(※肉や魚、貝類、緑の濃い野菜、枝豆や大豆製品などですね。)

水銀や食中毒への配慮は?

全くせず、マグロもカジキも、刺身も食べてた。。。

(※キダイ、マカジキ、メカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロは切り身半分を週1回まで、クロマグロ、メバチマグロ、ヨシキリザメ、キンメダイ、クジラは一切れを週1回まで)

ヒジキも、ヒ素がわずかに含まれるので、食べ過ぎ注意となっています。

難しいのがレバー。鉄が豊富ですが、ビタミンAも多い。

ビタミンAは直接細胞に働きかけるので、胎児が細胞レベルの妊娠初期は食べ過ぎ注意

しかし、胎児が育ち鉄が必要な妊娠後期や授乳中は、むしろ食べたほうが鉄分の補給になるなど

時期によっても変わってくるのです。

ちなみに、ワタシは、鉄の補給すらも意識せず、鉄不足で注射を打たれてました・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

授乳中はさらにひどかった。

私の母親は、30代のころビックリするほど太ってて(155㎝で70㎏以上あったと記憶している)

「あなたを生んだら、体重が戻らなくなった」と言われてたのです。

「出産したら太る」という呪縛は、ワタシの脳裏から離れず

長男のときも、次男のときも、産後1か月半で、出産前の体重に戻すという荒業を。

授乳をしていれば、時間がかかっても、元に戻ったのに・・・

もっと授乳中に必要な栄養を考えれば良かった。肉も魚も根菜類も穀類も、足りてなかったです。

今振り返ると、食事を減らすことによる低血糖で、カロリーをカラダが求めていたのだ、と思うが

長男授乳中のときは「落花生」にドハマり。

リスなの?ってくらい、カリカリカリカリカリカリカリカリ・・・・昼ご飯がコレってこともしょっちゅう。

長男がアレルギー体質なのは、このせいか?と、いまだに悔いております。

次男の授乳中なんて、穴があったら入りたい黒歴史。。。

1缶くらいなら・・とビールも(すすすすすすいません)

次男が国語が苦手なのは、このせい?と、こちらも、いまだに悔いております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

妊娠、出産、授乳はママにとっても赤ちゃんにとっても大事なとき。

おっぱいが離れるまでは、一心同体だからです。

何もかもを我慢する必要はありませんが

赤ちゃんと一緒に、生活をリセットする時期、と考えれば、悪くない💛

妊娠、出産、授乳って、渦中にいるときは、永遠に続くように思いますが、一生のうち、本当にわずか。

かけがえのない時間を、大切に過ごしてくださいね✨

===========================================

公式LINE【おうちごはん×栄養学】

栄養のことや、ごはんづくりのヒントになるようなアイデアを、たまに(笑)配信します。

お友達登録してくださった方に『おうちで作れる自家製ふりかけ』レシピをプレゼント♪

朝ごはんを助けてくれますよ!

友だち追加

ポチしてねん

関連記事

  1. おうちクッキング ホットプレートでオムレットはいかがですか?

  2. 夏休み企画!オンラインで親子料理教室開催します♪

  3. のらのらファームのとれたて野菜で熱々ピザ作りました!

  4. 2020年の種まきは・・・

  5. オンライン食育講座 第2弾

  6. 身体を温めるカリフラワーのスープ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。